FC2ブログ

comment for 論理力養成ギプス講座  其の参





 
カエルをクリックすると投稿できます。

トラックバック

論理力養成ギプス講座  其の参

父ちゃんの指南を受け、ロジック・ツリーを書き終わり小首をかしげる息子。今シーズンの現状とかけ離れた、筆者の場面設定に不服なのだろうか。一体、何を考えているのか?



ロジック・ツリーは万能にはあらず!の巻 2/3

一徹:「息子よ、なんか不満げな顔をしとるが、どうしたのかな?」

息子:「根拠3『今季はどの球団も戦力的には変わらない』っていうのが、なんだかあいまいだなあと思って…」


ギプス2
         息子の書いたロジック・ツリー


一徹:「ほほう。『戦力的に変わらない』とは結局どういう意味じゃ?」

息子:「どのチームも大きな選手補強とかがなくて、チーム力にあまり変化がないって言いたいんだけど。でも良く考えたら…」

一徹:「何かあるのかな?」
息子:「打撃力のことばかり考えて、投手力についてはあんまり考えてなかった」
一徹:「ふふっ。やっと気付いたようじゃの。根拠から考えていくと、都合のよい事実ばかりを拾いがちじゃ。そもそも、優勝するにはどんな条件が必要か、考えたかの?」

息子:「投打のバランス、監督の采配、他チームの状態…。そういえば、誰だったか、アメリカの野球評論家がいってたなぁ。データを見たら、結局は失点が少ないチームの勝率が一番高いって」

一徹:「そうなんじゃ。自分の主張を支持しようということばかり考えとると、全体を見失ってしまう。それを防ぐためには、ロジック・ツリーの頭から考えるということが大切なんじゃ」

息子:「頭からって?」

一徹:「つまり、さっき言った、チームが優勝するための条件のことよ。論題を証明するには何をいうことができればよいか、これをまず考えたうえで、巨人の戦力の現状と照らし合わせればよい」

息子:「そうか。もういっぺん書きなおしてみるよ、父ちゃん」

Copyright © 2002 L.C.Lab All Rights Reserved.
スポンサーサイト



category :    論理力養成ギプス講座  comment : 0  track back : 0