FC2ブログ

comment for 文章が苦手な人のために その1





 
カエルをクリックすると投稿できます。

トラックバック

文章が苦手な人のために その1

文章を書くのがキライな人は多い。うち、「昔から、作文が大の苦手で」という自覚のあるケース?やら、自信&思い入れたっぷりな内容が判読不能であるといった、‘残念’なケースも多々見られる。なんでこうなるのか?どうすれば文章力がアップするんだろうか?3回にわたって書いてみたい。

苦手にはワケがある

どうして文章を書くことが、こんなに苦になるのか。そして、一生懸命書いた文章に自信がもてなかったり、「わからん、お前の話はわからん!」と上司から一喝されたり(最近、ストレートにいってくれる人も少なくなったようだけど)するのか。それはカンタン、今までのインプットの量が少なかったからである。

例えば、日本人が苦手とされる英語の習得。子どものころから英会話教室に通わされ、中・高と詰め込まれ、そして人によっては大学で「パンキョー(一般教養課目)」で必須として選択を強いられ、おまけに社会人となって自腹で駅前留学しても、身によく付かない。実は、これに関しては、最低6千時間以上英語に接し、聞く、見るなどのインプット刺激を受けないとアウトプットが覚束ないとされる学説がある。指折り数えていままで英語と関わった時間を数えてご覧なさい。おそらく、それほど長い間、真剣に関わった方はまれではないだろうか。

外国語のみならず、母国語だって同じである。高い運用能力を身につけるには、いろいろなストーリーに触れ、論理構成のパターンとそれによる印象の違いを知り、多様な言葉に接し豊かに語彙を養っている必要がある。それをあなたは「母語話者」であるというアドバンテージに甘えて、サボっていたのである。

今からでも遅くない、できるだけいろんな文章に目を通しなさい。でも、いままであんまり興味が持てないから避けてきたんだよね。じゃあどうすればいいんだろうか。明日をお楽しみに。


Copyright © 2002 L.C.Lab All Rights Reserved.
スポンサーサイト



category :    文章力アップをめざす  comment : 0  track back : 0