FC2ブログ

comment for 茶番劇にしないための「正しい」就活 企業編





 
カエルをクリックすると投稿できます。

トラックバック

茶番劇にしないための「正しい」就活 企業編

茶番とは、もともと江戸時代にはじまった滑稽な即興寸劇のことらしい。転じて、「底の見え透いた、下手な芝居」。

学生心の叫び:「学生時代に何やったかって?バイトとかサークルとか、みんな同じような答えしかできねぇのはわかってんだろ。なら聞くな!どうせ学校名しか見てないくせによ」

人事の責任者に言いたい。どんな人をとりたいのか、もうちょっと「見える化」したら?特にマスコミ関係の人ははっきり告げればいい。「ウチは××大学以上の偏差値の人、あるいは社会的に認められた●●賞などを受けた人しか興味がない。それ以外の人は、制作会社にエントリーしてください」。淡い期待ともに行なう記念受験は、する側もされる側も、お互い労力とコストのムダだ。

しかし、多くの企業は記念受験を防ぐ術を講じない。なぜか。それはあなた方学生が「客」あるいは「見込み客」だからだ。

以前、人事担当者の寄り合いで、面白いやり取りを聞いた。
A:「うちはシビアに接するよ。だって飛行機買ってくれる学生さんなんていないもんね」
B:「いいなぁ~、ウチ家電やから。ダメ出しだしするときも、メールでしないねん。『ホントにゴメンネ』て電話口で頭下げてるよ」

ちなみに、巷の「人気企業ランキング」を見てごらん。多くがBtoC、あなたたちをエンドユーザーにしている企業だ。ここへの上位ランクが人事の至上命令になっているところもある。広告宣伝費のつもりだろう。

そこで、会社側には、もうひと手間お願いしたい。エントリーシートは、最悪、情報会社に丸投げしたっても構わない。ただ面接だけは、どこが評価されなかったのか、そこをどうすればよいか、知らせてやってくれまいか。彼ら・彼女らは、貴社とは縁がなかったかもしれない。でも次代を担う、貴重な人材である。ひとことアドバイスをし、考える場を与えてから次に送りだしてやってほしい。それが社会全体への教育投資になるはずだ。



長めのコラムになってしまったので、「『正しい』就活 学生編」は次回に。

Copyright © 2002 L.C.Lab All Rights Reserved

スポンサーサイト



category :    シューカツへの応援歌  comment : 0  track back : 0