FC2ブログ
コメントは受け付けていません。
トラックバックは受け付けていません。

社会人のための添削道場 其の壱

L.C.研究所に添削を頼みたいけど、財布か、あるいは時間の都合で自分で何とかしなければいけない方。はたまた、とにかく人に頼るのがキライな方。評価をする側はどういう点を見ているのか、何に注意しなければならないのか、あなただけにコッソリ教えます。できれば連載にしたいですね。



「書き出し」の意味

当研究所に「頼もう~」の客人の声。急いで門人Aが戸を開けると、原稿用紙を握りしめてたたずむ一人の姿が。名は「道場洋蔵」というらしい。どっかで聞いたような名だが、顔を見るなり血相を変えて迫ってきた。

洋蔵:「管理職論文試験の下書きを持ってきた、頼むから見てくれ!あと3日で本番なんだ」

門人A:「師匠は、今外出中です」

洋蔵:「あんたでもいい、とにかく見てくれよ、今年落ちると後がないんだ!」

「駆け込みで来るやつほど、本来じっくりと指導が必要なやつが多い」との田原師匠の言葉を思い出しながら、Aは原稿用紙に目を落とした。

洋蔵の原稿(書き出し)

テーマ「管理職としての役割」

 リーマンショック以来の米景気の落ち込み、また最近の円高やユーロ危機、あるいは安定しない原油価格など日本を取り巻く経済環境は厳しさを増している。こういった中で中国、インドなどの新興国は着実に経済成長を遂げる一方、日本の経済はGNPが*%である。また、昨年の大震災、長期的要因としては少子高齢化や就職難など、日本の内部にも明るい材料は見当たらないが、当社においても2年連続の赤字決算が続いている。この中で当社は、中期3カ年計画を策定し、本年度がその最終年度に当たる。そして、この難局を何とか打開するため、…

門人A:「洋蔵さんの会社って、業種は何なんですか」

洋蔵:「IT関連なんだ」

門人A:「円高や原油価格、新興国の勃興、少子化高齢化が、どう仕事に関係しているんですか?」

洋蔵:「…」

洋蔵は答えに窮し、背を向けて帰って行ってしまった。論文の書き出しは、俳句ではない。経済に関係した「季語」をとりあえず並べたらいいわけじゃないのだ(俳句だってそうじゃないが)。あくまでも自分の書きたい「主張」を良く理解してもらうための、状況説明でなくてはならない。

本日の門前払い

聞きかじりの経済情勢の知識で、とりあえず字数を稼ぐ輩(やから)道場

Copyright © 2002 L.C.Lab All Rights Reserved
スポンサーサイト



category :    添削道場(社会人)  comment : × track back : ×