FC2ブログ

comment for 論理力養成ギプス講座      其の壱





 
カエルをクリックすると投稿できます。

トラックバック

論理力養成ギプス講座      其の壱

このコーナー名を見て、矢も盾もたまらずクリックしてしまったあなたは40歳以上。子どものころには、「ウサギ飛びごっこ」をして遊んだ経験があると拝察します。そして、今抱える悩みのひとつは住宅ローンのほかに、社員(職員)教育のこと。「ウチの社員(職員)は全然論理的に物事を考えられないタイプが多すぎる。人に物事伝えるのも下手」。当たりでしょ?

そこで、当コーナーでは、手っ取り早く「論理力」が身に付いたような気分になる三種の秘儀を伝授いたします。ただし、あくまでも「ギプス」なので即効性が優先です。本当に使用している方の身につくかどうかは、今後流す血の汗と涙の量にかかっていますので、ご注意を。



1 「目的」「対象」によって「優先順位」を意識せよの巻 1/2

わしの名は「論理一徹」。最近、「カスタマーサティスファクション(CS)」だの「アカウンタビリティ」だの、わけの分からん横文字が世の中を跋扈しとる。なにぃ、跋扈(ばっこ)の意味がわからんじゃと?!辞書を引け辞書を!昔からある言葉を知らんで、なんで外来語に飛びつくんじゃ。だからイメージばかり先行して、会社の中での共有理解が進んどらん。この間も、とある企業の研修で、「CSR」の定義と具体事例を聞いたら、正確に答えられたものは半分もおらんかったぞ。これで「企業の社会的責任」が果たせるかあっ!

そもそも、論理とは何のためにあるのか。「代表からのメッセージ」で田原とやらが「見える化」などとたわけた言葉をつかっとったが、要は、話を分かりやすく、受け入れやすくするためのものじゃ。ならば基本は、「相手をよく見る」ということに尽きんかの?子どもには、子ども向けの言葉と話し方、目上の人に対しては、それなりの言葉遣いと作法が必要じゃ。巷には、情報は3点までに絞って伝えよ、ロジックツリーで情報を整理せよなどというテクニック…いや言語技術を振りかざすやつがおる。が、まず大切なのは何のために、誰に向かって情報を伝えとるか、目的と対象を明確にすることじゃ

例をあげよう。得意先にアポ変更を伝える場面を想像してほしい。
ほとんどいっとることは変わらんのに、なんか印象が違うのう。何が違うんじゃろう?考えてほしい。



A:うっかりして、予定をダブルブッキングしていました。大変申し訳ありませんが、お伺いする日を明後日に変更いただいても構わないでしょうか。

B:大変申し訳ございません、お伺いする日を明後日に変更いただいても構わないでしょうか。うっかりして、予定をダブルブッキングしていました。
 

Copyright © 2002 L.C.Lab All Rights Reserved.
スポンサーサイト



category :    論理力養成ギプス講座  comment : 0  track back : 0