FC2ブログ
コメントは受け付けていません。
トラックバックは受け付けていません。

すべってもめげない力

すまぬ、皆の衆!また更新が遅れてしまった。

****************************************

前回「すべらない」と「力」をつけた本のタイトルの多さについて書いた。そののち、たまたま見つけたのが、プレジデント3月19日号「『すべらない』書き方」。ずばり、文章表現力アップのノウハウがちりばめてある。各有名人のメール・手紙集もあり、特に、アピールのための文章について学びたい人にはお得感満載の号だ。ぜひ、読んでほしい。

ただ、1万人はくだらない他人の文章を見てきて、さんざんケチを付けまくっている(=添削した)人間として一言。すべることを恐れないこと。文章への苦手意識が、表現力を伸ばすことを妨げている部分も大きい。要は、書かないから書けないのだ。

いろんな勉強を重ねた挙句、カンペキな文章を書かなければという強迫観念にとらわれてしまう人は案外多い。マニュアル本にそって書き始めたものの、本来の意図とズレた中身になったり、極端な場合、パソコンと長時間にらめっこ、結局何も書けなくなったりということもよくある。

勝負用の企画書・プレゼンパワポなら、確かに「すべらないよう」緊張感を求められるかもしれない。でも、頭でっかちに考え込むよりも、どんどんすべって転んで豆腐の角で頭を打ちながら、そこから学ぶことの方が多いんじゃないだろうか。

特にメールやブログなどはすべるのを恐れず、どんどん書こう。評判が悪かったら、何が悪いのか周囲に聞いて改善していこう。格好の悪さなんて気にしない。それがコミュニケーションだ。

「すべらない」書き方

Copyright © 2002 L.C.Lab All Rights Reserved
スポンサーサイト



category :    文章力アップをめざす  comment : × track back : ×